ネットフリックスの【おすすめ海外アニメ】~第一弾は”Rick and Morty”「リックアンドモーティ」!

2020年7月27日

第一回で紹介するのは 「Rick and Morty」(リックアンドモーティ). 2013年に始まった、今でもアメリカで大人気のアニメで、いつもお酒を片手に酔っぱらっている天才科学者リックと、その孫で高校生、絶賛思春期のモーティと彼らの家族が繰り広げるSci-Fi Comic だ。

https://hypebeast.com/2020/5/rick-and-morty-season-6-confirmed

この天才科学者と孫の構図、Back to the future シリーズが元ネタらしいが、筆者からすれば、日本人にとってはドラえもんとのび太の構図というとわかりやすいかもしれない。決してモーティがいじめられっ子というわけではないが、いろいろと問題を抱える思春期の男の子なので、リックに色々と道具を作ってもらったり貸してもらったりして時空を超えて冒険を繰り広げる。彼らの家族はいたって普通の家庭という感じで、気が弱いが家族を誰よりも愛する父親と、リックの娘で獣医の母親、典型的なティーンエイジャーの姉。彼らも時にはエピソードの中心となり、リック達の引き立て役として活躍する。
さて、イントロダクションが終わったところで、このアニメの魅力を簡潔に紹介していこう。

ぶっとんだ世界観と刺激的な描写

日本のアニメって、性的描写やグロ描写が面白いという前提はない。それがアメリカでは、下ネタもグロも人を笑わすジョークの内で(何が面白いんだか・・・。)結構普通に描写するのが前提だ。Rick and Morty(リックアンドモーティ) もご多忙にもれず、誰かが殺される時の音や様子をわざと入れたり、性的描写を(モザイクつきで)描いたり、(カバー音付きで)禁句が飛び交う。それほど、何でもありだということを頭に入れておいてほしい。普通の家庭からは想像もつかない冒険が、リックのウルトラ天才級の発明で可能になってしまうのだ。リックとモーティはともに宇宙を旅し、宇宙人と交友関係を気づき、次元も時間軸も自由に行き来する。

https://www.ft.com/content/0e404de6-8f89-11ea-9207-ace009a12028

極めつけは、もちろん「ニヒリスティックで酒を片手にFワードを連発する」リックだ。彼が、"Who gives a F*** " の態度でアメリカの自由な精神を体現しているのか、どうも、海外のこのアニメの評価を読んでも、この痛快さがなんとも言えない面白さになっているらしい。 いかなる状況に置かれようとも Sarcasm(皮肉)たっぷりで最終的にはそつなく決着をつけるリックのカリスマ性とスピード感、おまぬけで不器用なモーティの現実に引き戻される安心感、そして家族愛が、絶妙なチームを組み、あなたにも爽快感を与えるに違いない。

アメコミ感満載!キュート(?)なキャラクターたち

やはり、旅先で出会える奇抜なキャラクターも、「リックアンドモーティ」シリーズを引き立てる大事な役割を担っている。ここでは、"The Schwiftiest Rick and Morty Characters" ( https://www.ranker.com/list/best-rick-and-morty-characters/greg-hahn )の記事より、人気キャラクターのランキング上位のキャラクターを紹介していこう。

1.Mr. Meeseeks

https://rickandmorty.fandom.com/wiki/Meeseeks_and_Destroy/Transcript

Mr.Meeseeks(ミスター・ミーシークス)は、人の願いをかなえるためにボックスの中から召喚される存在。願いがかなえられたら役割を終え、消えてしまうが、逆に叶えられるまで消えることができないため、自分の運命に耐えられず、ほかのMeeseesksをよんでしまうことがあり、理性を失う凶暴な集団と化すこともある。このキャラクター、かなりちかわいらしい。声とか、常に態度が弱々しくて優しいところとか、グロテスクなキャラクターが多いシリーズ中の癒しである。願いが叶えられるまでこの世界の囚人となっている立場の弱さも哀愁ただよい、励ましてあげたくなる。ぜひ一度、YOUTUBEのクリップでも見てみてほしい。

2. krombopulos michael

https://villains.fandom.com/wiki/Krombopulos_Michael

リックから武器を買う殺し屋で、グロテスクな容姿とは裏腹に、イケメンな声とプロフェッショナルな姿、妻に一途な姿など、アメコミのヒーローを思わせる姿が、人気となっている。

3. Mr. Poopybutthole

https://rickandmorty.fandom.com/wiki/Mr._Poopybutthole?file=S2e4_mr_poopybutthole.png

何て下品な名前!!どんな下品な顔がでてくるのかと思えばあらかわいい。どことなくSouth Park のMr.Hanky を思わせる風貌。。。腸の寄生虫という設定らしいが、リックの家族との長い世代にわたる友人らしい。声はモーティに似ている、モーティなのではないかという理論も出ている信頼のおけるキャラクター。 Ooh wee というキャッチフレーズが特徴的。

以上、独断と偏見も混じるが人気のキャラクターを紹介させていただいた。彼らは、複数のエピソードに登場するので、彼らの様子をのぞいてみてからこのシリーズを好きになるのもいいかもしれない。

これから見始める人へおすすめエピソード

シーズン2,エピソード7"Big Trouble in Little Sanchez " (ちっちゃなリックの物語)

https://collider.com/rick-and-morty-episodes-ranked/#a-rickle-in-time

リックが高校生の姿になってモーティの学校で人気者になろうとするエピソード。パーティーを開いたり、授業中に騒いだりとし放題で楽しんでいる様子のリックだが、このままこの世界での生活が現実だと思うと、もう現実には戻れなくなってしまう。。作中特徴的なダンスと歌が披露されるので、癖になること間違いなし。"Tiny Rick !! " なんて、ロックンロールな感じがアンバランスな体と相まってなんだかかわいい。家族愛も試されるほんわかする作品。

シーズン4, エピソード4 " Claw and Hoarder: Special Ricktim’s Morty “(しゃべる猫の話)

https://www.looper.com/190700/the-truth-about-rick-and-mortys-talking-cat/

「しゃべる猫のミステリー」ということで物議をかもしたエピソード。モーティはリックにペットにすると約束してもらったドラゴンとの絆を深める一方で、モーティの父親のジェリーが家で見つけたしゃべる猫と不思議な体験をする。このシリーズにはドラゴンなどファンタジー的な要素もちらほらあるので、初見としてみるのもおすすめであるし、いったいこの猫の存在は何なのか、なぜしゃべれるかの謎ときに挑戦するのもいいだろう。

でもやっぱりMr. Meeseeks に会わなきゃ始まらない!

とはいえ、やはり最初のエピソードとしておすすめなのは、Mr. Meeseeks の登場したシーズン1,エピソード5ではないだろうか!最終的にはモーティの父親ジェリーが自分の苦手を乗り越えるエピソードなので、安心してみていられるし、クレイジーなリックとモーティの世界にはまってみてはどうだろうか?

https://rickandmorty.fandom.com/wiki/Mr._Meeseeks?file=MeeseeksHQ.png

さて、これまでRick and Morty(リックアンドモーティ)の魅力を紹介してきた。現在、Netflix で絶賛配信中なので、モーティの冷徹さに衝撃を受けるもよし、かわいいMr. Meeseeksに会うのもよし、SFコミックの魅力にはまること間違いなしのこの作品、ぜひ一度覗いてみてはどうだろうか?